【出展レポート】「いきもにあ2019」

11月30日-12月1日神戸サンボーホールにて開催された「いきもにあ2019」に参加して来ました。名前の通りいきものをモチーフにした作家だけイベントでお客さんもかなりマニアックな方々が多いです、と語りましたが実は初めての参加になります、しかも前回は申し込みを忘れるという自分にとって曰く付きでもあり他のイベントよりも気合いを入れて臨みました!

【前日】
飛行機で関空へ。さらに電車で大阪難波を目指します。空港から難波までは南海電鉄のラピートがオススメです。窓口で1290円で購入出来、他の急行列車プラス300円チョットで指定席も付いてくるので快適な車内で確実に座って移動可能です。
窓口は関空、難波とも改札近くにあるので直ぐに購入出来ると思います。

(ラピート)

(関空乗り場)

(関空乗り場前のチケット窓口)

難波のカプセルホテルで明日に備えました。

【1日目】
難波から梅田、三ノ宮へと移動。三ノ宮からサンボーホールまでは歩いてもいける距離ですが重い荷物があるのでポートライナーで一駅、貿易センターまで。降りると直ぐ目の前が会場のサンボーホールでした。

(会場の神戸サンボーホール)

搬入時刻は8時15分とありましたが少し早くついて会場に入ると1番乗りでした。すでに外にはお客さんらしき人もチラホラといらっしゃいました。

(設営前の会場内)

今回は机をレンタルしたのでいつもよりスムーズに設営できました。とは言え毎回なにかしら不備が見つかるもので今回はネットの用の足が2個とも右用、なんとか代用して設置しました。ストラップの魚も何かしら専用の什器を作りたいとこです。

11時より開場、
沢山の御来場者の方で賑わいました、途中から入場制限もかかる程の盛況です。どのブースも途切れる事無く興味深くご覧頂きご購入も多かったです、開場全体の熱量も熱いものを感じました。
お昼過ぎくらいに少し落ち着いたものの当ブースもそれまで立て続けにお迎えいただきフル回転状態でした、いきもにあのポテンシャル、、スゴイ!!
落ち着いたとは言えお客さんは途切れる事なく見に来ていただけました。
が、頼んでいたお弁当は遅めでしたが休憩を取りしっかりいただきました。

お客さまはかなり多かったのですが、通路を広く取ってあるのでスムーズにご覧いただきました。さらに隣接のブースとの間もスペースがあるので出入りもしやすいレイアウトとなっておりました!

そして17時に閉場。この日は知り合いの方がギャラリーにてウミウシの展示をやっているとの事で急いで歩いて見に行きました。

途中のライトアップのビル、神戸はやはりお洒落な街のよう。

ギャラリー前の看板。こちらの展示ですが今回の「いきもにあ」に合わせて開催されたようです。

そして何とか時間に間に合い見ることができました。ご自身が作家さん達にご依頼して製作してもらった作品達です。私も5点ほど提供させていただいてます!

「いきもにあ」の方は2日目も盛況で無事に終了することが出来ました。会場のあちこちでは生き物に関するディープな話で盛り上がっていたようでした。

いつものようにあっと言う間の2日間のイベントでしたが今回はさらにいつもより終わるのが早く感じられました。こうしてブログを書いてる間も束の間の出来事にように感じられます。会場にお越しいただいた皆様ありがとうございました。また出展者、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。また是非来年もご縁があればお会いしましょう!!

==========================================================

最終日に泊まったホテルですが1300円と言う激安で不安だったのですが意外と綺麗で快適な宿でした。大阪の常宿になるかも(心斎橋の「いろはホステル」と言うところです、ビルの3−4階になっており少し入り込んでいるので分かりづらいですが、参考までに)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする