北海道釣行2017夏・2日目

朝一、昨日より目星を付けてた音更川を。
、、流す。
ドキドキ。
、、流す。
、、ワクワク。
、、残念ながら反応無しでした。
釣れなくてもこのドキドキワクワク感が堪らなかったりします。
次に向かった先は然別湖。
ここはミヤベイワナと言う固有のイワナが棲息する湖で一度見ておきたかったのです。ちょうど特別解禁のファーストステージと呼ばれる時期でしたが釣りはしませんでした。ボートでポイントまで移動する必要があるらしく初めての一人は苦戦しそうでしたので。
ミヤベイワナはそのグリーンバックと呼ばれる種がとても鮮やかで宝石に例えられる魚で、小雑貨魚屋でも作品を作っています。
桟橋付近では釣りを終えたらしき人たちがくつろいでいました。釣れたのかな(ボソリ)
「デカイのに切られちゃいました、、」
うーん、次回は釣りに出てみたい、、とは思いましたがここでまさかの光景がっっ!
ボート小屋から下を見るとすっかり餌付けされたらしき無数の大小様々な鱒達が子どもの投げたパン?にライズしていてなんだか複雑な心境に(汗)
休憩後、十勝川を目指します。
まさかの光景を野生のトラウトに癒してもらう為にも!(大袈裟な、ホントは釣りたいくせに)
しかし人気のためかポイントごとに先行者さんっ。さらに上を目指すとダムがあり濁りが入ってます。
ここでも支流に入ることにしてさらに上流部へ。
水量がすくないながらも釣ってみることに。
ここではさらに小さいサイズの鱒達が応えてくれました。
小さいながらも良く引く野生味溢れる魚達です!
イワナ、ニジマス混じりでコントラストを楽しむ事が出来ました。大きくなってまた逢おうね、リリースもより丁寧になります。このまま上流に釣り上がっていけば永遠に釣れ続けそう、、ですがもう上がって今夜の宿(道の駅)に移動する時間です。後ろ髪を鷲掴みされる思いで離渓。
今夜はここ南富良野。
明日はもっと大きい魚が釣れますように!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする